雪景色

年明けの縁起わかさぎ

本年も無事、年が明け2週間が過ぎました。

いつもと変わらぬ1日が、

こんなに穏やかで空気が澄んでいるのは、雪のせいでしょうか・・・

 

本年、私どもの年越しは、「猟師」と「漁師」の饗宴でした。

ほんとを言えば、清流ジビエの代表は「川」の漁師でもありますが・・(笑)

年に一度、会えるかどうかの珍しい宴。

互いに冬がメインの男衆・・・久しぶりの「猟師漁師」の再会に

心が踊る気持ちでした。

もちろん、宴料理は猟師(兄)の捕獲した「純天然猪」の焼き肉。

そして、漁師(弟)が水揚げしたばかりの

「純越前かに」と「越前かれい」※男前な顔 & 今や高級魚になりつつある「ベタかれい」。

上品な甘味が、ヒラメとは違う何とも言えない感じです。※刺身も美味しい。

焼いた感じは、高級魚若狭かれい(ヤナギムシカレイ)にも似ています。

 

DSC_0785

DSC_0787

DSC_0788

DSC_0786

 

御節は、情熱たっぷり原田さんの作る、自然食材をふんだんに使った「無添加御節」。

売り切れ商品を無理を言ってお願いすることができました。

DSC_0800

中でも、からすみと天然鹿の和シチューは絶品で、鹿もこんな調理されたら本望だなアと感心してしまいました。

※原田さん、精肉技術をお誉めいただきありがとうございます。

 

 

 

そして、本日は「川漁師」の仲間の方より、「滋賀県の余呉わかさぎ」が届きました。

いつもありがとう御座います。

けがれのない・・半透明で黄金色の身体は、なんとも縁起が良く美しい。

瞳はキラキラ輝き、真っ白なコロモが良く似合いそう(*^^*)

DSC_0814

 

 

 

 

 

私は、天然塩を軽くまぶし約5分・・・黄金色の体に片栗粉をうっすら纏わせました。

そして、新品の油のなかにドボン!!味付けは塩だけで十分でした。

DSC_0811

 

本年もあらためまして、

天然食材に関わる皆様と、自然の食材に感謝いたします。

これからも、どうぞよろしくおねがいいたします。

 


ニュースカテゴリーの記事