20151206_201928

そろそろ冬がやって来そうです。

昨日、Qualityhunter.kenjiが捕獲した100キロ超えの猪は、

無事私どもの手によって精肉となりました。

今回捕獲した大型の猪は、「清流ぼたん®」にふさわしく、キメが細かく見事なまでの脂の乗りです。

さっそく、きれいに並べたらナップエイジングで休んでもらいます。

このひと手間が「清流ジビエ」の強みです。

 

真剣に向き合えば、個体はさまざまな話を聞かせてくれます。

今年、「清流ジビエ」の聖域に生息する猪はたくさんドングリを食しています。

赤身は力強さがありながらシットリ柔らかく、香ばしくふくよかな薫りを醸し出しています。

力強く繊細な猪は、太めの塩と粗びきコショウで召し上がっていただきたいと思います。

個体によって違う性質や香りを楽しむ時間は、大切な五感を鍛える時間です。

 

自然が作り出すジビエと称される個体の脂は比較的上品で身体に残りにくいのが特徴です。

猪の脂を塩コショウのみで焼いて食されるかたもおられるほどです。

今後、健康維持する皆様や、お年寄りの方にも「清流ジビエ」をお届けしたいと思います。

 

 

 


ニュースカテゴリーの記事