DSC_0358

素朴な美味しさ「でっちようかん」

私どものもとへ、竹皮に包まれた平らな和菓子が届きました。

先日、紹介させていただいた「天女の舞」Qualityhunter.Sirakawaから嬉しいプレゼントです。

「こしあん」が竹の皮にうっすら伸ばされた、しっとりした羊羮のようです。

 

DSC_0357

 

名前は「でっちようかん」(丁稚羊羮)

近江のまちでは有名な和菓子だそうです。それにしても、餡に写った竹皮の印影が艶やかに輝き、うっとりするほどです。

竹をはぎ、頭を出した羊羮は撓りを描いて揺れています。口の中でみずみずしい微粒子のこしあんが口全体に馴染み、スッとのどを越して行きます。後味はベタつきがなくさっぱりしています。

製造元住所は長浜市余呉町・・・Qualityhunter.Sirakawaの活動拠点で作られた「でっちようかん」です。

本当に美味しい・・・!!!まったく雑味を感じません。

今後の「清流ジビエ」のご挨拶のアイテムとして必ず記憶したい逸品です。

 

お気づきの方もおられると思いますが、滋賀県長浜市近郊の食文化のクオリティーの高さは近畿圏でも上位だと私は思っています。

20年ほど前、とても味覚ベースが高い街であるとはじめて感じました。

飲食店の質の高さを感じる方も少なくないと思います。

 

Qualityhunter.Sirakawaは、「清流ジビエ」にはこれだ!!と思って届けてくださいました。

「でっちようかん」下町に受け継がれる銘菓と確信します。

今度は、私どもが「岐阜のいいもの」何をお届けしようか考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ニュースカテゴリーの記事