DSC_0212

嬉しい知らせ

私事ですが・・・

本日、私の知る数少ないシェフからの連絡でした。この方・・私に感動をくれたホンモノです。

人の笑顔を見るのが大好きな損得なしの情熱的な方で、物語を作るのがとてもお上手な方です。

私たち生産者が求める頼もしいシェフです。

いつも情熱的な彼が、少しばかり体調を崩しているとお聞きし心配しておりました。

お待ちしていた「心配ない」との連絡に、私どもは心底安心し、改めて御縁に感謝したものです。

清流ジビエを初めて見て誉めて下さった、ジビエを素材として扱える数少ない大切な日本のシェフの一人です。

 

今日は、無事を確認でき嬉しい日となりました。

地域の鳥獣対策副隊長が持ってきてくれた「長崎のジャガイモ」を半分に割り

「精肉金庫??(自家消費冷凍庫)」から、とっておきの噂の熊肉を取りだし、

田舎風に煮込みました。骨抜きの際に取っておいた、アバラ間の部分です。旨味が強く、脂と赤身のバランス

DSC_0209

が整った部位です。1頭から取れる量は約500g~800g程度。

流通確率は、ほぼ1%の精肉です。

九州は、ジャガイモの耕作に適してるのはご存じの通り、ホクホクの仕上がりです。

砂地がこんなにすばらしい作物を生み出すなんて!!

「長崎のジャガイモ」がこんなに美味しいとは知りませんでした(*^^*)

DSC_0211

 

 

 

変わって、このアスパラガスは・・・北海道!!

DSC_0213

身内に北海道の方がおられる近所の方に、とれたて直送をいただきました。しっかりとした張りがあります。

下茹でしたアスパラガスを、北海道産のバター(量販)とガーリックパウダーで香りをつけベーコンと共に・・塩分はベーコンとバターで充分のようです。

私どもは、北海道(アスパラガス)と九州(ジャガイモ)・・近畿圏(熊肉)に、三重県(梅干し)(けっこういける!)岐阜の天然食材(鹿肉)と地域の(キュウリ)を一緒に満喫いたしました。

今回の餃子の中は豚肉です(笑)ちょっとした国内旅行でした(*^^*)

DSC_0218


ニュースカテゴリーの記事