dsc_0792

年末のサプライズ

底冷えの日が続きます・・・

年の瀬に、街が賑わしくなってきました。

街に、いつもと違う空間ができたようで楽しくなります。

 

森林と加工施設につきっきりの毎日を過ごす私のもとへ

昨日一通のカードが届きました。ロサンゼルスからでした。

 

「関ヶ原の合戦祭り」の開かれた10月に、

「関ヶ原交流館」で出店する私どものところへご来店くださった

老夫婦からのメッセージです。

 

差出人は、「超老夫婦」さん・・・。

 

その方は、ロサンゼルスで歴史の偉人「坂本龍馬」の会に携わっておられるとのこと・・

そういえば、関ヶ原に来られた際も

長野県や高知県のお話をされていたことを思い出しました。

 

御婦人といえば、物静かながら波を越えられた感じがとても印象的で、

私の亡き母の眼に似てるなア・・と思い、ずっと忘れられないでいました。

著書をお持ちの方とは知りませんでした。

 

カードには、最高の笑顔で写る私どものほかに、

右上には「超老夫婦」のお写真(*^^*)

 

私は、思わぬサプライズプレゼントを感激せずにいられませんでした。

 

本年、関ヶ原のイベントに出店できたことを感謝しています。

こんな嬉しいサプライズが訪れるとは思いもしませんでした。

そして、たくさんの方と触れ合うことができました。

 

2016年ももう少し・・・幕が閉じようとしています。

そしてまた、陽が昇る・・当たり前のようで奇跡な毎日。

私は今日、私の信じる子供たちと空を見上げ、

この空の星が、ずっと光り続けてくれるようお願いをしました。


ニュースカテゴリーの記事